本堂
昭和26年に着工、昭和28年に竣工しました。

鉄筋コンクリート造りで、内部は戦前の本堂と同じ様式です。

荘厳品(そうごんひん)は昭和42年蘇山禅師(そざんぜんじ)百年遠諱(おんき)に完了し、禅宗らしく簡素で落ち着いた感じがします。
目を引くのは、八畳敷きの天蓋(てんがい)です。後方は位牌堂(いはいどう)になっており、檀信徒の位牌がまつられています。

本堂内部

毎歳忌の支度が整った内部写真。正面に歴代住職の頂相を掲げ、右に諡号や綸旨が掲げられ

、左には遺偈や入祖堂の法語を掲げる。

2001年 2月 7日 (水)更新