昔の徳源寺

第1弾は明治41年版です

ただいま整理中ですが昭和中期の境内の写真を紹介します。

江戸時代の本堂です

くしくも瑞雲軒老師の生まれられた年でした。大老師は昭和4年に掛搭(入門)されました。

では、その頃について・・

中門から外は、徳源寺の境内ではありませんでした。その頃から残っているのは、釈迦堂前の楠の木と、禅堂の前にある桑の木です。塀の外は桑畑でした。今は勅使門があり、鐘楼の位置も現在と異なります。

今と配置が違うのは鐘楼です。以前は勅使門の南側にありました。

禅堂は今の開山堂の位置にありました。昭和になって禅堂が本堂に近いので、静かな今の位置に移動しました。同時に、後に建てられた開山堂と入れ替わりました。
明治41年当時は、開山堂はありませんでした。蘇山禅師は本堂の祖像のしたに埋葬しました。開山堂ができてから、開山堂の下に改葬しました。

大書院は今の庫裏の裏付近、今は境外になっています。今の庫裏の裏付近に隠寮がありました。

大書院の南側は庭になっていて、遠く霞むのは建中寺の森です。

涅槃像の建物が造られたのは少し後です。その時に勅使門も作られました。